ディズニー旅行にかかるお金

節約するならホテル代

ディズニー旅行で最もお金がかかるのが
ズバリ『ホテル代』です!

 

ホテルを安くするかどうかによって、
ディズニー旅行の旅費は大きく変わってきます。

 

そして、ディズニー周辺ホテルを利用すれば、
やはりそれだけ旅費が高くなり、ディズニーから離れた場所に宿を取れば旅費が安くなります。

 

「どうせなら旅費が安い方が良い」と、安易に遠くのホテルを取ってしまうと、
後になって後悔をする人も多くなるのがディズニー旅行の特徴でもあります。

 

ディズニーは、土日や連休などの場合、『入場制限』がかかる場合があり、
激混みになってしまった場合、ディズニーホテルとオフィシャルホテル以外の宿泊者は、
基本的に『日付指定の前売りチケットを用意しておく』か、
『当日一般の最前列付近で開園待ちして入場制限がかかる前に入園してしまう』か、
どっちかの方法でないと入園できなくなってしまう可能性があります。

 

遠方からわざわざ遊びに来たのに、「入場制限で当日に入れなくなった・・・」ではシャレになりません!

 

やはり確実に入園したいのであれば、遠方の場合は、
『ディズニーホテルかオフィシャルホテルに宿泊する』
『日付指定の前売りチケットを買っておく』かの2択になってしまいます。

 

そして、入場制限がかかるような日というのは、多くの場合、帰宅時刻になってしまうと、
周辺が大混雑してしまうので、遠くにホテルを取っている人は、
疲れた体を引きずってホテルに戻らないといけないというデメリットがあります。

 

行く前は「大丈夫♪」と思っていても、パークで1日中遊んだ後に、
満員電車で移動するのは、想像以上に辛いものです!
特に運動不足気味の大人には大変堪えます!

 

また、デートで気合を入れて、ハイヒールなんかを履いてきた子が、靴擦れを起こした場合、
ディズニーホテルのように、すぐに部屋に戻って処置できる方が、やはり便利です。

 

ディズニーホテルは高いですが、その料金の高さに見合うメリットが大きいです。
ディズニーホテルは、『パークで疲れた時にいつでも休憩できる場所』をキープできるというのが、
小さな子供がいる家庭にも人気の秘訣ですね。

 

逆に、若い体力があるカップルならば、ホテルに休憩に戻らないので、
遠方にホテルをとってホテル代を節約しても良いです。
ディズニー旅行に行くメンバーによって、ディズニーの近場にホテルをとった方が良いのか、
遠方にホテルをとった方が良いのか、変わってくると思います。


家族が多いと食事のお金も高い!

ディズニー旅行をする場合、
ディズニーホテルに宿泊するなら、
1泊2日で最低でも10万円程度
がかかると覚悟しましょう。

 

部屋によっては、
ホテル料金だけで1泊10万円以上するお部屋も
あります。

 

レストランなども豪華にするつもりであれば、
大人二人1泊2日でも20万円が簡単に飛んでしまいます。

 

どうしても旅費が厳しいと思った場合は、
旅行専門の用途に限った金利の安いカードローンなどでお金を借りるのも一つの手段です。

 

クレジットカードで分割払いを選ぶくらいだったら、
旅行専用のカードローンの方が金利が安いのでお得
です。

 

更に、ディズニー旅行では、連泊者になってくると、
ホテル代金と同じくらい頭を悩ませるのが食費問題です。

 

ディズニーホテルやパーク内のレストランは非常に料金が高く、
連泊をしていると、それだけで食費が何万円もかかってしまいます。

 

ディズニーホテルのレストランはコース料理がメインのお店が多いですし、
比較的安いブッフェも家族が多いとお金がかかって仕方ありません。

 

また、ディズニーランドのパーク内で大人気になっている『リロのルアウ&ファン』などのショーレストランは、
家族構成にもよりますが、ランチでも家族4人で2万円程度かかることもあり、決して安くありません。

 

そのため、ディズニー旅行でかかる大きな出費の内訳は、
やはりホテルと食費が一番大きいと思います。

 

我が家も家族の誕生日などが重なってしまうと、
ついついアニバーサリープランを頼んで奮発してしまうことがあります。

 

後日に請求書が送られてきた金額を見て「うひゃぁ〜」と冷や汗をかいています!
ホテルも食事も何でもかんでも贅沢をしていたら、
やはりディズニー旅行はお金がかかって仕方がありません!

 

ディズニー旅行は、予算をかなり貯めてから豪遊するか、
現在の予算にあうように節約する旅行にするのか、どっちかになりやすい傾向があります。

 

どうしても予算の都合が合わない場合は、
やはりホテルや食費などでちょっとずつ節約するのが一番良い
と思います。

 

もしも旅費が厳しいと判断した場合は、もう少しお金を貯めてから、
行く時期を延長するのも一つの手段だと思います。

 

ディズニーリゾートは逃げませんので、1年後に予算が沢山組めるのであれば、
予算を十分に貯めてから旅行を計画するのも良いと思います。

 

あまりケチってばかりいても、なかなか楽しめなくなってしまうので、
予算と相談するのが大事になってきますね。